Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Latest Entries
Search

Archives
Categories
Links
Recent Comments
  • ウィリーザイラー(Willy seiler)のエッチングがカナダから軽井沢に。
    柴崎雅寿 (11/27)
  • ウィリーザイラー(Willy seiler)のエッチングがカナダから軽井沢に。
    モコ (11/27)
  • トチの実(軽井沢産)プレゼント
    柴崎雅寿 (10/30)
  • トチの実(軽井沢産)プレゼント
    どこの馬の骨協会会長 (10/29)
  • 仙台のお客さま。-あれから半年
    しんどう (09/12)
  • 大正元年に発行された軽井沢の総合案内書「かるゐざわ」を発見。
    柴崎雅寿 (06/29)
  • 大正元年に発行された軽井沢の総合案内書「かるゐざわ」を発見。
    koechel581 (06/26)
  • フランス人の浮世絵師 ポール・ジャクレー(Paul Jacoulet)-軽井沢が誇るべきアーティスト
    柴崎雅寿 (03/12)
  • フランス人の浮世絵師 ポール・ジャクレー(Paul Jacoulet)-軽井沢が誇るべきアーティスト
    ノヒョンミ (03/12)
  • フランス人の浮世絵師 ポール・ジャクレー(Paul Jacoulet)-軽井沢が誇るべきアーティスト
    柴崎雅寿 (02/25)
Recent Trackback
Profile
軽井沢発、シバザキの作品づくり。後世に伝えたい歴史
rss1,0 atom0.3
睡鳩荘(旧朝吹山荘)での限定販売
旧軽井沢から保存のためタリアセン内に移築された「睡鳩荘(旧朝吹山荘)」。
こちらでシバザキの軽井沢彫を1年間限定で小物を販売させて頂いております。
当店で手がけた家具もあり、少し運命を感じております。
W.M.ヴォーリズの会社が手がけたヴォーリズ建築のため
戦後の軽井沢別荘の雰囲気を感じることができます。
タリアセンへの入場料は有料ですが、その後の睡鳩荘への入館は無料になっております。
塩沢にお越しの際にはタリアセンに歴史的建造物を見に伺ってはいかがでしょうか?

タリアセンでは、ヴォーリズ建築、レーモンド建築など
軽井沢の歴史を紐解く建築物に出会えることができます。

歴史的保存活動の本場 英国ナショナルトラスト。
湖水地方を託したポターの世界を身近に感じることが出来るイベントが
近くの絵本の森で「ピーターラビットの世界展」も開催しております。







・タリアセン(睡鳩荘)
http://www.karuizawataliesin.com/look/suikyusou
・朝吹登美子さん関連の記事
http://scenery.shibazaki.com/?search=%C4%AB%BF%E1
・絵本の森
http://ehon-museum.org
| シバザキのある風景 | 18:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(一柳米来留)の建築
ヴォーリズについて↓

ウィリアム・メレル・ヴォーリズ(William Merrell Vories、1880年10月28日 - 1964年5月7日)は、アメリカ合衆国に生まれ、日本で数多くの西洋建築を手懸けた建築家であり、ヴォーリズ合名会社(のちの近江兄弟社)の創立者の一人としてメンソレータム(現メンターム)を広く日本に普及させた実業家でもある。そしてまたYMCA活動を通し、また「近江ミッション」を設立し、信徒の立場で熱心にプロテスタントの伝道に従事した。よく「宣教師」と紹介されるが、彼はプロの牧師ではなくキリスト教徒伝道者である。讃美歌などの作詞作曲を手がけ、ハモンドオルガンを日本に紹介するなど、音楽についての造詣も深かった。 by wikipediaより

上記のヴォーリズが軽井沢で建築した建物は、

・旧軽井沢
「軽井沢教会』「軽井沢テニスコートのクラブハウス」「軽井沢ユニオンチャーチ」
「軽井沢集会堂」

・塩沢
「睡鳩荘」(旧朝吹山荘) などがあります。

軽井沢を代表する建築物を今回は2点。
私が丸山輝さん(パステル画家)にお願いをして描いて頂き、
ポストカードにし、今日からシバザキで販売中です。

軽井沢での夏のおもいでを書いてぜひ送って下さい。

ちなみに丸山さんは今年の夏に一色ギャラリー(旧軽井沢)で展覧会を開催します。
「丸山輝のパステル画展」(8月29日〜9月3日)
浅間山をおもに描かれる方で素敵なパステル画です、ぜひご高覧下さい。

↓(財)軽井沢会の軽井沢集会堂 丸山輝さん作
(財)軽井沢会の軽井沢集会堂(karuizawa-hall)

↓(財)軽井沢会テニスコート 丸山輝さん作
(財)軽井沢会のテニスコート(tennis-corts)



ヴォーリズについて by wikipedia
| 軽井沢 | 10:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
ブレッツ・ファーマシーその後 -朝吹登水子さん-
戦前軽井沢で営業していた薬局(探すきっかけ
ブレッツ・ファーマシー」を探して、色々な方に話を伺っていると
朝吹登水子さんの本に出てくるよという話を聞き、

「私の軽井沢物語―霧の中の時を求めて」
→本の詳細 by 文化出版局

上記の本をたまたま持っていたので、中を見ると出てきました。
「ブレッツ・ファーマシー」
親戚の方に以前に聞いていた内容ばかりなので
まだ他にはないのかと調べているとでてきました。

朝吹登水子さん著書の本。

「37人が語る わが心の軽井沢 1911-1945」


軽井沢図書館で本の内容を簡単に目を通すと
ここにも出てきました、ブレッツ・ファーマシー。
朝吹さんが「私の軽井沢物語」を書く際に
色々な方からインタビューをした内容をまとめた本です。
著名人37人が軽井沢について語っています。

「ブレッツ・ファーマシー(ブレッツ)」を簡単にまとめると
軽井沢会のテニスコートの近く(現在 浅野屋の裏)にあった
木造2階建ての建物。木造の西洋下見の壁に白い窓枠が大きいのが特徴。

西洋人向けの薬局や化粧品、チョコレートが並んでおり
一方のカウンターにはアイスクリーム・コーンが売っていて
支配人の飯田さんという背広を着たおじさんが経営していた。
軽井沢以外に東京の銀座にもお店があったらしい。

見た目は、背が低く、がっちりした四角い体型でメガネをかけ、
縮れ毛でオールバックの中年男性。
あだ名はダッチマン、口がよくなかった事で有名だったとの事。

パブリック・コート(軽井沢会のテニスコート)でテニスをして疲れた人、
若い人がよくアイスクリーム食べていて
堀多恵子さんも室生犀星さんのお子さんたちとブレッツファーマシーに
よく寄ったそうだ。

・ブレッツのアイスについて
ひとつのコーンが15銭、アイスクリーム・サンデー30銭
アイスクリームのカウンターの後ろには缶が並べてあって
缶の中にはモールテッド・ミルク(粉ミルク)がしまってあって
チョコレートサンデーに「粉をかけてね」と注文していたそうだ。
これがまた絶品だったとの事、アメリカ製の材料で作っていた。


・地元の声、ブレッツ・ファーマシー
地元の方にとっては、ブレッツのアイス敷居の高いお店だった。
別荘の子どもが美味しそうに食べている所をうらやましそうに見たよ。
と言う話も聞いた。


色々と調べていたら、朝吹さんのサイン本を
運がよく4冊も入手することができた。
願うならはもう10年ぐらい早く生まれて、
色々とご本人から聞いてみたかったものである。
| 軽井沢 | 21:23 | comments(1) | trackbacks(0) |
軽井沢に関する資料の引継ぎ
ご近所さんが若い頃に集めていた軽井沢に関する資料を譲って下さいました。
一冊ずつ集めていたんですが、ほとんどそろってしまいました。
(甘かったです、まだまだ足りませんでした。)
更に本を追加までしてもらい頭があがりません。

この貴重な資料たちを僕だけが見るのももったいない。
レンタルサービスができればなぁーっとも思っています。

 ・「旧碓氷峠関係の文学碑・記念碑」 高橋光広 昭和60年12月20日 初版 (絶版)
 ・「信濃追分文学譜」 近藤富枝 中央公論社 1990年2月29日 初版 
 ・「落葉松の林を出でて」 藤岡改造 他 銀河書房 1984年10月25日 初版 (絶版)
 ・「軽井沢を守った人々」 田部井健次 軽井沢文化教会 1981年8月1日 初版 (絶版)
 ・「かるゐざわ」 佐藤孝一編 国書刊行会 昭和62年7月31日 初版
 (大正元年八月原本の復 刻・絶版)
 ・「佐久の交通史」 菊池清人 櫟 昭和56年2月25日 初版
 ・「文壇資料 軽井澤」 小川和佑 昭和55年2月28日 初版 (絶版)
 ・「信濃路の十返舎一九」 信毎書籍出版センター 新潮社 昭和61年年9月25日   初版
 ・「現代文学地図中部篇」 大河内昭爾 桜楓社 昭和61年4月10日 初版
 ・「軽井沢の法則」 三善里沙子 マガジンハウス 1995年4月20日 初版
 ・「軽井沢・佐久」中山道を歩く」 土屋郁子 他 郷土出版社 昭和61年8月5日 初版
 ・「私の軽井沢物語」 朝吹登水子 文化出版局 昭和60年7月21日 初版 (絶版)
 ・「軽井沢物語」 宮原安春 講談社 1991年4月18日 初版
 ・「軽井沢に想う」 楠本正康 ドメス出版 1987年3月25日 初版 (絶版)
 ・「ヴォーリーズの住宅」 山形政昭 住まいの図書館出版局 1988年3月20日 初版  (絶版)
 ・「軽井沢別荘史」 宍戸実 住まいの図書館出版局 1987年6月20日 初版 (絶版)
 ・「軽井澤三宿と飯売女」 岩井傳重 櫟 昭和62年8月26日 初版
 ・「雲白く山なみ遥か」 井上靖 作品社 1986年7月10日 初版
 ・「日本別荘地物語」 桐山秀樹 福武書店 1994年7月5日 初版
 ・「軽井沢120年」 軽井沢文化教会 櫟 平成15年5月1日 初版

| その他 | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
Copyright(C) SHIBAZAKI Co.,Ltd. all rights reserved.