Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
Latest Entries
Search

Archives
Categories
Links
Recent Comments
  • ウィリーザイラー(Willy seiler)のエッチングがカナダから軽井沢に。
    柴崎雅寿 (11/27)
  • ウィリーザイラー(Willy seiler)のエッチングがカナダから軽井沢に。
    モコ (11/27)
  • トチの実(軽井沢産)プレゼント
    柴崎雅寿 (10/30)
  • トチの実(軽井沢産)プレゼント
    どこの馬の骨協会会長 (10/29)
  • 仙台のお客さま。-あれから半年
    しんどう (09/12)
  • 大正元年に発行された軽井沢の総合案内書「かるゐざわ」を発見。
    柴崎雅寿 (06/29)
  • 大正元年に発行された軽井沢の総合案内書「かるゐざわ」を発見。
    koechel581 (06/26)
  • フランス人の浮世絵師 ポール・ジャクレー(Paul Jacoulet)-軽井沢が誇るべきアーティスト
    柴崎雅寿 (03/12)
  • フランス人の浮世絵師 ポール・ジャクレー(Paul Jacoulet)-軽井沢が誇るべきアーティスト
    ノヒョンミ (03/12)
  • フランス人の浮世絵師 ポール・ジャクレー(Paul Jacoulet)-軽井沢が誇るべきアーティスト
    柴崎雅寿 (02/25)
Recent Trackback
Profile
軽井沢発、シバザキの作品づくり。後世に伝えたい歴史
rss1,0 atom0.3
新たにお支払い方法を追加。
昨日から新たに2つの決済方法が加わりました。

電子マネー決済
「Edy」「Suicaインターネットサービス」
ネットバンキング決済
「イーバンク銀行の口座からお振り込み」

以前からコンビニ決済は使えましたが
今回からはオンライン(インターネット上)で伝票番号を控えて頂き、
それをコンビニに持っていくと、お支払い頂けます。

 以前よりもお客さまの手間が省け、
早い段階で作品をお届けする事ができます。


引き続き
商品代引き、コンビニ決済、
クレジットカード払い、ゆうちょ振替、銀行振込も
お支払い可能ですのでご安心下さい。
| その他 | 01:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
2010年 新春のご挨拶
新年あけまして、おめでとうございます。

昨年よりも今年、今年よりも来年と
ますます良き年になりますよう
皆様のご多幸をお祈りします。 2010年 元旦


皆様いつもご視聴を頂き、ありがとうございます。
今年も軽井沢の魅力、歴史などをきままに書いていきますので
よろしくお願いします。


年始は2日から営業しております。
| その他 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
Noёl*ノエル(心のおくりもの ー 著・山部京子/絵・大波多 陽子 )
山部さんから頂いた本を紹介したいと思います。
小説家・山部京子さんについて
クリスマスにオススメしたいお話です。
短いお話の中に
読んだ人が動物と人間の関係について考え、
出会い、別れをサンタクロースを通して教えてくれます。

心のおくりもの/山部京子




「ノエル」とはフランス語でクリスマスを意味するそうです。
「X'mas」は間違った表記で「Xmas」の点なしが正しい表記だとのこと。

みなさんいい夜をお過ごし下さい。メリークリスマス
| その他 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
南から北へ秋イベント
軽井沢のイベントではないんですが、
日本の各地で行われるイベントをオススメします。

表装の先生でもある飛松さんのイベントです。
毎日着物を着こなすお洒落な方で、日本の和を大切にしています。
創作意欲、作品の想像力は素晴らしい。
 九州にお住まいの方は是非。

・熊本 
表装への誘い 飛松路易子展
2009年11月10日〜15日
午前11時〜午後7時
ギャラリーカフェ トト(ホテル日航の裏あたり)

熊本市上道町5-46 上道イーストンビル3F
問 096-352-7162

リンクにもある坂口健ちゃんのイベントです。
日本橋高島屋でも展示会を何度も開催するほどの先生へと駆け上りました。
僕の陶芸のお師匠さまでもあり、
アトリエでミニ盆栽の器を制作させてもらったり、
何かとお世話になっています。

坂口先生の作品も素晴らしいですが、
人柄も会うとわかりますが優しく素晴らしい方です。
 北海道の札幌に住む人は是非。

・札幌
独創の世界・細密夢想文と「健の寄せ向」
坂口 健 作陶展
2009年11月17日(火)〜11月23日(月・祝)
→札幌 三越 本館9階
問 011-271-3311
| その他 | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
さわやかバザール2009
旧軽井沢のイベント
「さわやかバザール」
10月24日〜11月1日まで行われています。

この期間にお買い物をすると金額によって
福引き券が渡され、福引きすることができます。

一万円の旧軽商品券からティシュまでと幅は広いです。
この機会にぜひ旧軽井沢でお買い物があればして下さい。

あるお客さんは2等を当てて
5000円分の商品券を手に入れ、来週も来るよとほくほくして帰られました。

僕はバザールと聞くと
NECのキャラクター「バザール デ ゴザール」のお猿さんを思い出します。
| その他 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
今日は何の日?!
今日は小説家 山部先生の本が発売される日です
「夏色の幻想曲」みなさんチェックを忘れずに。

ご縁でサイン入りの本を頂いて、今だに何をお返ししようかと
考えているのですがいい案が出てきません。
物語は「桜の木」がキーワードなのでサクラ材を使ってみたいな〜など
色々と考えています。秋までには用意をせねば・・・バッド


→以前の記事


| その他 | 17:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
第12回タキザワデンタルショー 2009
シバザキがなぜにこのイベントに参加しているのか、
自分でもよくわかりませんが、
お付き合いもありとにかく参加してきました。

歯科機具を色々と見られて、こんなイベントもあるのかと知る事できました。
第12回タキザワデンタルショー 2009




会場は長野県のMウェーブ。
冬季オリンピックの時に建築され、Mの形をし、
須坂インターを降りてすぐの交通の利便性のよいホールです。
Mの字

販売されている物はベンツからカブトムシまでと実に幅広い。
主に参加する人は講演を聞きに来た学生さんや、歯医者の先生方でした。
隣はコトヒラ工業さん、アクアクララさん。
まずほとんど会うことのない
完全に異業種の方々の話も聞けて勉強になりました。
Mの字M−wave/エムウェーブ
シバザキの事、軽井沢彫の事についても実際に見て知って頂ける
機会ができたのでよかったと思います。

イベントのおまけで持ち帰ってきたのは
「ダイヤブロック、カブトムシ」怒られそうです。(哀
カブトムシは断り切れずに好意に頂いたものだったので、
扱いに困っていましたが、子どもがいる職人さんに譲り渡しました。

最悪の場合、自然に帰そうかと思ってたぐらいだったので
本当に助かりました。

→滝沢歯科器械店
| その他 | 22:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
ウェルカムボード。と甥っ子、姪っ子
店頭に飾っている結婚式用のウェルカムボードに
うちの甥っ子、姪っ子(4世代目の2人)の写真が飾ってあります。

甥っ子は言葉をしゃべれるようになり、20代(僕)をつかまえて
「おっちゃん、おっちゃん」と言ってきます。
少し憎らしいですが可愛い子たちです。

この子たちに「おっちゃん実はすごいんやで〜」って言えるように
日々努力したいと思います。
このブログも後世の人たちのためになったらな〜っと
いつも思いながら書いている今日この頃です。
柴崎永太、香子。シバザキ4世代目
| その他 | 23:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
軽井沢に関する資料の引継ぎ
ご近所さんが若い頃に集めていた軽井沢に関する資料を譲って下さいました。
一冊ずつ集めていたんですが、ほとんどそろってしまいました。
(甘かったです、まだまだ足りませんでした。)
更に本を追加までしてもらい頭があがりません。

この貴重な資料たちを僕だけが見るのももったいない。
レンタルサービスができればなぁーっとも思っています。

 ・「旧碓氷峠関係の文学碑・記念碑」 高橋光広 昭和60年12月20日 初版 (絶版)
 ・「信濃追分文学譜」 近藤富枝 中央公論社 1990年2月29日 初版 
 ・「落葉松の林を出でて」 藤岡改造 他 銀河書房 1984年10月25日 初版 (絶版)
 ・「軽井沢を守った人々」 田部井健次 軽井沢文化教会 1981年8月1日 初版 (絶版)
 ・「かるゐざわ」 佐藤孝一編 国書刊行会 昭和62年7月31日 初版
 (大正元年八月原本の復 刻・絶版)
 ・「佐久の交通史」 菊池清人 櫟 昭和56年2月25日 初版
 ・「文壇資料 軽井澤」 小川和佑 昭和55年2月28日 初版 (絶版)
 ・「信濃路の十返舎一九」 信毎書籍出版センター 新潮社 昭和61年年9月25日   初版
 ・「現代文学地図中部篇」 大河内昭爾 桜楓社 昭和61年4月10日 初版
 ・「軽井沢の法則」 三善里沙子 マガジンハウス 1995年4月20日 初版
 ・「軽井沢・佐久」中山道を歩く」 土屋郁子 他 郷土出版社 昭和61年8月5日 初版
 ・「私の軽井沢物語」 朝吹登水子 文化出版局 昭和60年7月21日 初版 (絶版)
 ・「軽井沢物語」 宮原安春 講談社 1991年4月18日 初版
 ・「軽井沢に想う」 楠本正康 ドメス出版 1987年3月25日 初版 (絶版)
 ・「ヴォーリーズの住宅」 山形政昭 住まいの図書館出版局 1988年3月20日 初版  (絶版)
 ・「軽井沢別荘史」 宍戸実 住まいの図書館出版局 1987年6月20日 初版 (絶版)
 ・「軽井澤三宿と飯売女」 岩井傳重 櫟 昭和62年8月26日 初版
 ・「雲白く山なみ遥か」 井上靖 作品社 1986年7月10日 初版
 ・「日本別荘地物語」 桐山秀樹 福武書店 1994年7月5日 初版
 ・「軽井沢120年」 軽井沢文化教会 櫟 平成15年5月1日 初版

| その他 | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
軽井沢新聞(地元紙)-熊本と軽井沢
4月号の軽井沢新聞にシバザキが店内に飾っている
歴史的に珍しいフレーム(写真立て)が取り上げて頂きました。

軽井沢の歴史民族資料館に寄贈された「飛松甚吾さん(リデルの秘書)」が
生前に使用していた貴重な軽井沢彫です。
ちなみに熊本にもリデル・ライト両女史記念館にも
ハンナ・リデルさんエダ・ライトさんが使用した
昔の軽井沢彫を見ることができます。

熊本、軽井沢の美術館でも飾られるような貴重なものなのですが、
なぜにシバザキにあるのか?色々な偶然が重なり重なってだと思います。

飛松路易子さん(飛松甚吾氏御遺族)を知ったのも、
柴崎の親戚の友達が長野から熊本にお嫁入りし、
表装の先生をしている飛松さんの所で生徒として学んでいて
たまたま軽井沢彫を見たことからです。

その後軽井沢彫の本を作るときに飛松さんの所へ教え子に会う用事があった鍵和田先生が熊本入りし、昔の軽井沢彫を写真に収めてきたことから、何かと話す機会が増えました。

飛松さんも熊本から軽井沢に遊びに来てくれて、お父さん(甚吾さん)が書かれた手紙に出逢ったりと運命的な思い出にも出逢うことができたようです。
はじめてお会いしたときは、着物を着こなししゃんとした姿勢で少し怖そうなイメージでした、
話してみると気さくで面白い、元気なおばあさんでした。

熊本の名産の大きなすいかをもらったりと
親戚のような付き合いをさせてもらい、
僕が去年12月に九州旅行の時に遊びに行かせてもらいました。

あとは軽井沢新聞で見て下さい。


せっかく本を読んで学んだので
次回に日本のハンセン病患者のために尽くしたハンナ・リデルさんと
エダ・ライトさん、熊本にあった回春病院について、
なぜ軽井沢彫が熊本にあるのかを書きたいと思います。

→飛松甚吾さんとは?
| その他 | 23:15 | comments(0) | trackbacks(0) |
Copyright(C) SHIBAZAKI Co.,Ltd. all rights reserved.