Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
Latest Entries
Search

Archives
Categories
Links
Recent Comments
  • ウィリーザイラー(Willy seiler)のエッチングがカナダから軽井沢に。
    柴崎雅寿 (11/27)
  • ウィリーザイラー(Willy seiler)のエッチングがカナダから軽井沢に。
    モコ (11/27)
  • トチの実(軽井沢産)プレゼント
    柴崎雅寿 (10/30)
  • トチの実(軽井沢産)プレゼント
    どこの馬の骨協会会長 (10/29)
  • 仙台のお客さま。-あれから半年
    しんどう (09/12)
  • 大正元年に発行された軽井沢の総合案内書「かるゐざわ」を発見。
    柴崎雅寿 (06/29)
  • 大正元年に発行された軽井沢の総合案内書「かるゐざわ」を発見。
    koechel581 (06/26)
  • フランス人の浮世絵師 ポール・ジャクレー(Paul Jacoulet)-軽井沢が誇るべきアーティスト
    柴崎雅寿 (03/12)
  • フランス人の浮世絵師 ポール・ジャクレー(Paul Jacoulet)-軽井沢が誇るべきアーティスト
    ノヒョンミ (03/12)
  • フランス人の浮世絵師 ポール・ジャクレー(Paul Jacoulet)-軽井沢が誇るべきアーティスト
    柴崎雅寿 (02/25)
Recent Trackback
Profile
軽井沢発、シバザキの作品づくり。後世に伝えたい歴史
rss1,0 atom0.3
main
軽井沢彫シバザキの工房が世界で一枚の絵に。
嬉しい事が一つありました、以前からシバザキの工房を描いて頂ける方を探していて、
是非ともお願いしたい人が見つかったので
お願いしたところ喜んで描いてもらえると返事をもらい。

その後忘れそうになった頃に、絵が完成したとの連絡が入りましたので、
急いでアトリエに行き、絵を頂いて来ました。

世界で一枚の絵を頂き、なかなかの出来で満足しています。
最近は旧道も建てかえ、建てかえで古い建物があまり残っていません。
外国人が設計した明治生まれのドイツ壁の工房(SHIBAZAKI atelier)も、
これで後世にも残せます。
近いうちにシバザキオリジナルのポストカードにしたいと思います。

作品を描いて頂いた方は、川瀬 興三さん。↓
 川瀬さんは面白い経歴の持ち主です、京都出身で京都大学の農学部・農芸化学科を卒業し、
森永乳業に就職し、研究者として働き、医学博士として日本に止まらず、
海外でも講演してたほどの実力の持ち主だったそうです。

 その後、会社を退職し軽井沢にアトリエを持ち、絵を書き続けているそうです。
銀座、軽井沢のギャラリーでも展示会を行っています。

更には小山敬三美術館で開催される
小山敬三記念浅間山・小諸絵画フェスティバルに二年連続で企業賞を受賞したとのこと。

アトリエで川瀬さんと話していて一番面白かったのは、
碁6段の持ち主で、軽井沢で行われた碁の大会で優勝していました。

今年からシバザキのポストカード売場で
川瀬さんが描いた聖パウロ教会や四季の浅間山を販売しています。
誰が描いたとも何も描いてなかったのですが、根強い人気があるんです。

僕は常日頃思っているんですが、アナログで作る作品には必ずといって人柄が出てきます。
川瀬さんの描く絵も色のやさしさ、丁寧なタッチも性格からだと思います。
旧軽井沢の脇道-軽井沢彫工房のある風景- 2008.11 川瀬 興三

      旧軽井沢の脇道 -軽井沢彫工房のある風景- 2008.11 川瀬 興三

 →ギャラリー舫
| シバザキのある風景 | 00:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
この記事のトラックバックURL
http://scenery.shibazaki.com/trackback/121
トラックバック
Copyright(C) SHIBAZAKI Co.,Ltd. all rights reserved.