Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Latest Entries
Search

Archives
Categories
Links
Recent Comments
  • ウィリーザイラー(Willy seiler)のエッチングがカナダから軽井沢に。
    柴崎雅寿 (11/27)
  • ウィリーザイラー(Willy seiler)のエッチングがカナダから軽井沢に。
    モコ (11/27)
  • トチの実(軽井沢産)プレゼント
    柴崎雅寿 (10/30)
  • トチの実(軽井沢産)プレゼント
    どこの馬の骨協会会長 (10/29)
  • 仙台のお客さま。-あれから半年
    しんどう (09/12)
  • 大正元年に発行された軽井沢の総合案内書「かるゐざわ」を発見。
    柴崎雅寿 (06/29)
  • 大正元年に発行された軽井沢の総合案内書「かるゐざわ」を発見。
    koechel581 (06/26)
  • フランス人の浮世絵師 ポール・ジャクレー(Paul Jacoulet)-軽井沢が誇るべきアーティスト
    柴崎雅寿 (03/12)
  • フランス人の浮世絵師 ポール・ジャクレー(Paul Jacoulet)-軽井沢が誇るべきアーティスト
    ノヒョンミ (03/12)
  • フランス人の浮世絵師 ポール・ジャクレー(Paul Jacoulet)-軽井沢が誇るべきアーティスト
    柴崎雅寿 (02/25)
Recent Trackback
Profile
軽井沢発、シバザキの作品づくり。後世に伝えたい歴史
rss1,0 atom0.3
明治の旧軽井沢
懐かしい1枚をご紹介、
100年前になりますが、明治の頃の長野県の軽井沢町(旧軽井沢)です。
この光景は水害にあった様子を撮影したポストカード。
カラー写真はないため、すべて手彩色。
この手の水害シリーズのポストカードが何点かございますので
またご紹介できればと思います。

1910年8月10日旧軽井沢メインストリート

View of Karuizawa St in flood. 10th Aug 1910.
| 蒐集(コレクション) | 00:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
国際映画劇場ー旧軽井沢
この写真は、旧軽井沢で営業していた映画館
(国際映画劇場/INTERNATIONAL THEATRE)。
場所は、旧三笠通りにある菊水の隣。

話は聞いておりましたが、
写真でも実物を見る機会がほとんどない貴重な一枚です。

 国際映画劇場-international theatre

写真の提供者は三度屋さん

三度屋さんは、昭和映画を観光会館で
2011年9月〜12月まで上映する企画を立てております。
誘って頂いたので、微力ですが私もお手伝いをしております。

| 蒐集(コレクション) | 21:34 | comments(0) | trackbacks(0) |
ジョン・レノン(JOHN LENNON)
2010年はジョンレノン生誕70周年。

私が生まれた年に亡くなったので、
数年前まで近隣を歩いていたのかと思うと
あと10年早く生まれていればと悔やみます。

偶然発見をしたポストカードには
ジョンレノンがくつろいでいる姿が描かれています。
タイトルは「Karuizawa'77」 
軽井沢に滞在していた一場面の姿のようです。
場所はたぶん万平ホテルでしょうか?!

JOHN LENNON Karuizawa'77
john lennon karuizawa '77 ジョンレノン軽井沢77

ジョンレノンのDNAは二人の子供に受け継がれています。
シンシアさんの子供「ジュリアン・レノン」と
オノ・ヨーコさんの子供「ショーン・レノン」。
イギリスのジュリアン・レノンさんについては最近知りました。

埼玉にあったジョンレノンミュージアムも閉館していまい、
日本にまたジョンレノンの功績と資料がわかる場所が残ることを願います。

2010年12月12日(日)
ジョンレノンの追悼ライブが万平ホテルで行われるそうです。
入場料3000円 時間13時〜16時 
問い合わせ 万平ホテル 0267−42−1234

→ジョン・レノンについて by wikipedia
| 蒐集(コレクション) | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
軽井沢ホテル-その2
前回ご紹介した「軽井沢ホテル」を撮影した別のポストカードです。

軽井沢ホテル
↑正面から撮影した軽井沢ホテル
| 蒐集(コレクション) | 00:49 | comments(0) | trackbacks(0) |
蒐集カテゴリーを追加。/軽井沢ホテル
軽井沢の歴史を調べていると、本の記述だけでは不十分で多々間違えがございます。
私は軽井沢を撮影した写真だとほとんど間違えがないと思っております。

数年前から、軽井沢の景色を写したポストカードを集めています。
この資料を個人で楽しむには実にもったいないと感じました。

「百聞は一見に如かず」の言葉通り、
余計な言葉なく、まずは見ていただいて
少しでもみなさまのお役に立てて頂ければと考えています。
またこの資料が軽井沢の魅力の再発見にも繋がることを願っております。


軽井沢ホテル
↑1910年頃の絵はがき 「軽井沢ホテル」

現在シバザキの店舗の近くに建てられたホテル。
軽井沢ホテルの絵はがき5枚ほどあるそうですがその1枚になります。
| 蒐集(コレクション) | 18:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
浅間山尽くし(明治〜昭和まで)/Mt Asama
明治から昭和までの浅間山の噴火した絵葉書を集めてみました。
噴火口、登る途中の写真などもありますので楽しんでご覧下さい。
浅間山のフルコースです。












| 蒐集(コレクション) | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
芸術は爆発だ-岡本太郎より-/小寺健吉
 親戚のおじさんが小諸高原美術館で個展を開いているとの知らせが届き、
僕は移動のお付きとして行ってきました。いや〜なかなか絵画を見る機会がないのでいい物を見させてもらいました。31点の作品をおじさんのエピソードを交え解説してもらえました。ちなみに先生は軽井沢に住む中島さん、めちゃくちゃご近所さんでした。

そして最近僕が身銭をきって巡り会えた、軽井沢に関する作品を紹介します。

「小寺健吉 『塩壺蓬(軽井沢風景)』」

■作 家 名:小寺健吉
■作 品 名:塩壺蓬(長野県軽井沢)
■制 作 年:??年6月7日
■技   法:鉛筆画
■支 持 体:洋紙
■サ イ ズ:12.1cm×18.3cm

軽井沢の風景(塩壺)

小寺健吉のサイン

ちなみに
小寺健吉 (こでら けんきち)1887年〜1977年

1887年、岐阜県に生まれる。東京美術学校西洋画科で和田英作・黒田清輝らに学ぶ。文展入選。光風会展で今村奨励賞受賞。渡仏後「南欧のある日」が帝展特選。温和で穏やかな作風を示し、人々の生活への素朴な親愛を風景に託した。日展参与。光風会名誉会員。昭和52年、90才で歿。

塩壺温泉に行った時にでもこの景色を探してみようと思います。

-------------------------------------------
次回は、
これこそが、本物の「軽井沢Artist」
軽井沢が生んだ有名書道家を紹介したいと思います。
どうもこの手(文化、歴史)の情報が町には少なすぎます。
地元からも大物が出ていることなどもっと紹介するべき。
このままでは、どんどんと文化が自然に失われている気がしますね。
ちなみに軽井沢は昔は草原、沼地。
人の手で作られた自然だから統一感があるんです。

「よりよい未来のために
文化意識の向上の底上げもぜひ図って欲しいものです。」
| 蒐集(コレクション) | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
Copyright(C) SHIBAZAKI Co.,Ltd. all rights reserved.